読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の恋の数は一定

All about people, animals and stars.

本年も大変お世話になりました。

自問字答

 今年一年は、病気になってから、一番活力があった年だったように思います。友達とFacebookで会話するのを皮切りに、ジブリ美術館に行ったり、ジブリの大博覧会を観に六本木ヒルズまで行ったり。映画観たりと。一人で三鷹まで行けたのはすごく良い経験になったと思います。一人だったら絶対行かなかったと思うもの。こんなわたしを引っ張ってくれて本当にありがとう、という気持ちです。六本木ヒルズもしかり。病気もあって着て行く服がなくて、てんやわんやありましたが、というかそもそもそんなに着るものに頓着はしないのですが、そういうのも含めて良い思い出になってます。ジブリ美術館は本当に楽しかったので、一人暮らしするなら、三鷹だな!と今から決めているくらいです。
 家族とも映画を観に行くのが定着しつつある、というか家族で出かけるなんて映画を観に行くくらいなので、それはそれで楽しかった。映画を観て昼食を摂るというパターンが定着しました。小さい頃からも含めて家族で外食なんてほとんどしなかったので、その頃まで含めて思い出を作り直しているような気分です。
 両親もすっかり歳をとって、余裕があるのが良いと思う。小さい頃はなんだか殺伐としていたように思う。それが良いことだったのかわからないけれど、もう取り戻せることではないし、恨んでいる、ということもない。ただ今をこうして朗らかに過ごせていることが、幸福だと思う。
 10月くらいからジョギングを始めたことが、どういうことにつながっていくのか、自分にはまだわからないけれど、きっと良いことあるさー、と思ってる。その良いことって、きっと目に見えて走ってて良かった、という類のものでなくて、後になって体力があって良かったなー、と思えたら良いな、と思ってます。走ることは日々自信になっていると思う。毎日成長していて、タイムは延びているし、一日の充実感も違う。走ることは限りがないし、それは書くことと似ているかもしれないと思う。
 それから、ツイッターでいろいろと相談に乗ってもらえたことが、わたしはうれしかった。自分の見ているわたしと他人の見ているわたしは絶対に違っていて、それを知覚することはとても楽しいことだと思う。ずっとずっと自分の殻の中に閉じこもっていて、自分で見ることしかしていなかったから、人からの視線、アドヴァイスはとても新鮮でした。ありがとうー。
 今年は毎日続けていたブログと日記をやめてしまったのだけど、日々文章を書くことは続けてて、それはツイッターだったり、パソコンのテキストエディタに殴り書きだったりするのだけど、こうして公開する文章を書くということはやはり楽しいことだなー、と思ってます。噛み締めてる。ブログを書くことで安心してしまっている部分があったから、一度やめてみるのは良かったと思う。でも消してしまったのは余計だったかもしれない。バックアップも一切取らずに消してしまったので、二千くらいあったエントリーはもうどこにも残ってないのです。履歴書を書くのに役に立つだろうと思って始めた『自分年表』とかとっておけばよかったと少し後悔もありますが、まぁいつでも書けますので。。
 今年は人と触れ合うことが多かった分、自分の中に残ってる思い出も多いのです。それはもう全然違います。毎日文章を書いていても年末にこうして一年を振り返る、ということは以前はなかったことだから。きっとここには書いていないことは山のようにあったのだろうけど、少しでも文章として残しておこうという気持ちでこのエントリーを書いています。
 来年の抱負?あまりそういうことを語ることをしてこなかったし、どうせ一月も二十日くらいになればきれいさっぱり忘れてると思うのですが、人とのコミュニケーションをいろんな方法で恐れずに取っていく年にしたいです。そしてその上で、自分の糧となる何かを一日も早く会得したい、という気持ちです。こっちは、(あっちも?)そんなにすぐに結果の出ることではないし、何をするかもわかりませんが、社会との接点を持ち続ける、考え続けることはわたしたちの義務だと思う。その気持ちを忘れないようにしたいですね。